結婚指輪は誰が買うの?

婚約指輪は一般的には男性から女性に贈られるもの。

では、結婚指輪の費用は誰が出すの?そんな結婚指輪にまつわる小さな疑問を自分の体験を元にお話ししようと思います。

まず世間一般では結婚指輪を購入するのは男性、女性、お互いにお金を出し合う、という三パターンに分かれています。

どれが一番多いかとある会社がアンケートを取った所、お互いにお金を出し合って購入が尤も多く、相場は二人で20万前後だそうです。

結婚指輪は二人のものだから二人で……という事なのでしょうね。

かくいう私も結婚指輪を嵌めていますが、これは私自身が二人分購入しました。

その理由としては婚約指輪は相手が買ってくれたし、それがなかなか高価なものだったので、結婚指輪位は自分で購入してお返しがしたい、と思ったからです。

値段的にも結婚指輪は二人分でも婚約指輪に遠く及ばなかったので妥当な判断だと思っています。

その他の物(挙式費用等)はおおむね折半しました。

この辺は個人の事情で大分変わってくると思います。

どちらにしても色々なジュエリーショップを訪れてあれこれを指輪を探すのは本当に楽しかったです。

一生分のダイヤモンドを見て回った気がしますね。

男女平等が叫ばれる昨今、結婚にもその波が押し寄せてきているようです。

なんでも男性だけが払う時代!はもう古いんですね。

何かとお金がかかる事ではありますが、それを含めていい経験をしたと思っています。

左手の薬指を飾る結婚指輪。

この小さな輝きには沢山の想い出が詰まっているのです。