結婚指輪購入の時期について

結婚が決まると両家の顔合わせや結婚式の打ち合わせ、新居を探したり家具を選んだりと何かと忙しく、中には結婚指輪を準備するのを忘れていて式に間に合うよう慌てて探すというカップルもいらっしゃいます。

バタバタと準備をすると、式まで納品が間に合わなかったり、自分が気にいったものではないのに妥協しなくてはならなくなったりする事もあるので、できるだけ結婚指輪購入の時期を早めに考えておきましょう。

結婚指輪よりも婚約指輪の方が順番的には早くなりますが、カップルによっても違うものの通常婚約指輪の場合男性が購入しプロポーズの際に女性に渡すことがほとんどです。

この時も注意しておかないとせっかくサプライズでプロポーズして一番盛り上がる指輪を女性に付けてあげる際にサイズが違っていたり女性が気にいるデザインでなかったりという事が起こり、何十万円も出して購入した指輪が浮かばれないケースもあります。

そうならない為にも婚約指輪を購入する前に彼女の指輪のサイズや好みなどを把握しておく必要があります。

これは結婚の際の指輪の参考にもなります。

例えばデートの際に2人でジュエリーショップに入って安いアクセサリーでもいいので購入します。

この時、最初はネックレス、指輪も付けてみたらという自然な感じで指輪のサイズを確認します。

婚約指輪は少なくともプロポーズ前に購入で間に合います。

結婚指輪は多くのカップルが2人で購入しに行かれていて、結婚式の6カ月ぐらい前に買われる事が多いです。