気になる結婚指輪の価格

よく婚約指輪などは給料の3カ月分という例えがありますが、実際に給料の3カ月分の結婚指輪を贈る方は少ないようです。

婚約指輪はダイヤモンドの指輪が定番の用になっていますが、実際の購入価格としては10万円から40万円のものがほとんどで、婚約したという記念品としての度合いが大きいのでそんなに豪華なものは渡さないようです。

ブランド物の高額な指輪でも50万円か60万円の品もあり、これから結婚指輪を購入したり結婚式を揚げたりする事から現実的な男性も女性も婚約指輪はせいぜい10万円から40万円のものでよい、という方も多いのです。

やはり、婚約指輪をもらった女性は8割以上の方が満足されており、今から結婚へ向かっていくという実感が湧くといいます。

ドラマや芸能人の婚約会見で見るような100万円以上もする大粒のダイヤの婚約指輪は全体の1%ほどですのでよほど男性の方が裕福でない限りあり得ないでしょう。

女性も現実的ですから、そちらにお金を使うより結婚式など外交的な部分に費用をかけてほしいというケースも多いようです。

結婚指輪になるとさらに現実的になります。

結婚後、毎日つける指輪になりますからダイヤや宝石などが付いていないようなシンプルなものを選ぶ傾向が多いです。

子供が生まれたりすると引っかけたりしてけがさせない為にもあまり飾りが付いてない方が無難です。

価格は10万円から20万円のものがほとんどで、ちょっと贅沢に40万円くらいまでのものを選ばれるケースもありますがそれ以上は少ないです。