オーダーメイドの結婚指輪

長い不況の影響もあってバブルの時のように何でもかんでもブランド物ではなく、個性を大事にする若者も増えてきています。

そんな若者に人気があるのがオーダーメイドの結婚指輪です。

通常ですとブライダルジュエリーショップなどで展示されている既成品をカップルなどで見て周り購入される事が多いのですが、個性を大切にされる方等はオーダーで自分が気にいった指輪を作ったりされています。

通常、オーダーメイドの結婚指輪は4種類にわかれます。

簡単なデザイン等から選んで(セミオーダー)職人さん等に作ってもらうもの、デザインを完全にオリジナルの物にしてもらいそれにあった指輪を作ってもらうもの、簡単なデザインの中から選んである程度の工程を経た指輪の製造作業を行うもの、デザインも製造も一から全部行う(フルオーダー)のものなどです。

セミオーダーの指輪の場合、何回かの打ち合わせで後はジュエリー職人さんお任せとなりますが、デザインや製造となると半年くらい前から準備に入る場合もあり、その分男性の思いが女性に伝わる事もあります。

しかし、それだけの時間や労力をかけても相手によっては既成品の方が良かったと思っている人もいるかもしれませんし、本当はブランド物の指輪が良かったと思う事もあるかもしれません。

相手の気持ちが見えない分判らない事も多いと思いますが、例えば指輪を送る前に自分で作った他のものを渡してみて相手の反応を見てみてからでもオーダーメイドのものを贈るのは遅くないと思います。